保育士になるための夜間の専門学校

現在、日本の大きな問題として働く母親が子供を預ける場所が圧倒的に少ないことが叫ばれています。いわゆる保育園問題で特に大都市圏に強く、場合によっては出産前から保育園を探さなければいけないというような、深刻な問題となっています。この問題の最大の原因は保育園が少ないことよりも、保育士が少ないことによるものが大きいと考えられます。保育園を作ることは行政が本気を出せば、規制緩和などで作れます。

しかし、保育士はすぐには養成できません。保育士になるためには大学や専門学校を卒業するか、試験を受ける必要があります。試験は合格率が低くやや難しい試験になってしまいます。一方、大学や専門学校を卒業すれば、試験を受けなくても保育士になることができますので、きっちりと学生時代に勉強して卒業すれば、保育士になりやすい方法といえるでしょう。

働きながら資格を取るには、大学などは日中の授業がほとんどで、夜間に働きながら通学することは簡単ではありません。一方、専門学校は夜間の通学で資格取得できるような学校も数多くあります。またそのような専門学校では同じような環境にいる同級生も多く出会うことができますので、一緒に取得資格に向けて頑張りやすい環境もあるといえるでしょう。さらに、奨学金などのの学費の面でも補助であったりサポートが充実していることも多いです。

今後は日本の政策としても保育の充実をはかることは至上命題となっており、将来性もある資格といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です