保育士になるための手段として専門学校を考えてみよう

保育士の資格は専門学校で取得することはもちろん可能です。養成施設の形態も4年制大学を含め多岐にわたりますから、保育士を目指す前段階で、養成施設としてそれぞれがどのような特色を持ち合わせているのか、ターゲットとする専門学校にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、資格取得の方法には具体的にどのようなものがあるかも含めじっくりと考えてみるべきです。保育士資格を取得するためには厚生労働大臣の指定する保育士の養成施設を卒業する方法、国家資格を受験し合格する方法の2つがあり、保育士養成施設のひとつとして専門学校が挙げられますが、短大・4年制大学も養成機関として選ばれる方も多いと思います。短大等とは違い学校教育法に定められた学校の扱いではないので履歴書に記載するうえでの最終学歴は高卒扱いになることは留意すべき点です。

また専門学校の履修内容によっては幼稚園教諭の資格も取得できる場合もあるので両方の資格取得を目指す方は対応を検討したほうがいいでしょう。なお大学も含め養成施設に入学するには当然ながら高卒資格が必要になってきます。専門学校を選択するメリットとしては、卒業と同時に資格を取得できる、基本的に2年間で資格を取得できる、現場ですぐに役立つ知識・技術を学べる、4年制大学と比較し学費が安上がりとなることがメリットと考えてよいと思います。反面デメリットとして2年間という短期間で知識・技術を学ぶため非常に多忙でアルバイト等ができない、保育分野に特化したカリキュラムなので保育以外のことは学ぶことは難しい、ということが挙げられます。

メリット・デメリットを十分に比較検討したうえで学ぶ施設を選択していけばよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です