専門学校で保育士の資格を取ろう

保育士の資格を取りたいと思うのなら、保育の専門学校がおすすめです。保育士の資格を取る方法は、専門学校のように保育士養成施設を卒業する方法か、国家試験に合格する方法があります。専門学校のメリットは、大抵は2年で資格が取れます。学校によっては3年かかるところもありますので、受験するときにしっかり確認をしましょう。

また、保育現場の知識や技術をしっかりと学べます。また、学校によっては、昼の部と夜の部があるところもありますので、働きながら通うことも可能です。また、幼稚園教諭の資格も取りたいと思うのなら、それも取ることが出来ます。大学と比べると費用も少なくて済みます。

デメリットは、2年間という短い時間での教育ですので、カリキュラム厳しく、忙しいです。また保育の教育に特化していますので、大学などと比べると他のことは学ぶチャンスはほぼありません。ただ保育士の専門学校には、その学校の授業だけで資格を得られるところと、他の短期大学の授業をを同時に受けなければならない学校があります。他の短期大学も受けなければならない場合は、両方ともの単位をしっかりとらないと保育士の資格は取れません。

学校を選ぶときはきちんと調べから、選びましょう。なお、ピアノが弾けないからといって断念する方がいますが、心配には及びません。2年間という短い時間ですが、しっかりと現場でやっていけるように仕込んでくださいます。もちろん頑張って毎日練習をしなければいけませんが、必ず弾けるようになります。

最初からあきらめずに頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です