専門学校で保育士の資格を取得する

保育士の資格を取得する為には2種類の方法があります。一つは養成施設を卒業する方法で、もう一つは国家試験に合格する方法です。養成施設の一つが専門学校です。保育士は大学や短大でも資格を取得することができますが、専門学校ならではのメリットも有ります。

たとえばその一つが卒業する時に同時に資格を取得できる事です。また資格を取得するまでの期間も基本的に2年で取得が可能となっています。また保育士の資格を取得する為に専門学校に通う場合、4年制大学や短期大学に比べると学費が安いと言うメリットも有ります。その為、現在では専門学校に通ってその資格を取得している人も多くいます。

ただ、保育士専門学校には2種類あり、それぞれの学校で資格取得までの道のりが違う為、注意が必要です。まず高齢労働大臣の指定養成施設となっているして行こうと、指定を受けた短大のカリキュラムを併修する必要がある併修校があります。併修校はして行こうの様に厚生労働大臣のしていがないので、厚生労働大臣の指定を受けた短大の通信課程にも同時に入学卒業しなければその資格を取得する事は出来ません。また、学校自体は日中に開いている所が多く有りますが、夜間課程を設けている学校も有ります。

そこを利用すれば昼間は働きながら資格取得する事も出来ます。しかしこの場合は3年制が一般的となっており、2年制での資格取得を目指す場合は夕方からの授業、若しくは土曜日も授業となる場合も有るため、自分に合ったところを選ぶのが基本です。大阪のエステ専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です